オウンドメディアマーケティングを行う上でのメリットとは

最近よく聞く「オウンドメディアマーケティング」ですが、何のためにオウンドメディアマーケティングを行うのか不思議担った方もいるでしょう。そこで今回は、オウンドメディアマーケティングを行う事で得られるメリットについてご紹介します。
○オウンドメディアマーケティングは企業の資産作りになる
オウンドメディアマーケティングは、オウンドメディアとして作ったコンテンツを資産として残していこうとする手法です。広告記事は、一度出向して契約期間が終了すれば記事としての価値は下がってしまいます。広告によって高くなったブランドはずっと残りますが、契約が満了した広告の記事が一か月後に消費者の目に留まる事はないでしょう。しかしオウンドメディアマーケティングなら、一度作ってしまえば消さない限り何度もユーザーの目にとまります。そして情報を伝え続けてコンテンツが資産となっていくのです。
○更新が必要
オウンドメディアマーケティングは確かにメリットのあるものですが、情報の鮮度が重要なコンテンツであれば、随時更新が必要です。最近ではグーグル検索の表示順位のアルゴリズムも変わったので、SEO対策としてコンテンツの量も重要視されています。関連コンテンツを充実させる事は広告に限らず、流入数を増やす効果もあると言われています。オウンドメディアマーケティングのメリットとやり方

マーケティング分析をもっと効率的に行うために

現在自然言語処理ツールを使っているとしたら、今流行りの商品やそのレビューなど、消費者やユーザーの行動を分析しききれていますか?
抽出できたキーワードの出現頻度やキーワードの関連性を出すだけでは、消費者やユーザーの行動はつかむ事ができません。即座にユーザーの行動を仕分ける事が大事なのです。そこでマーケティング分析を使っていけば、長文を最後まで読まなくてもユーザーの行動がしっかり把握できます
○マーケティング分析の特徴とは
マーケティング分析をしていけば、難解な文章であっても同じ行動指標でまとめられるので、ユーザーの消費行動がどのくらいか分析する事ができます。より効率的な情報調査やマーケティング分析をサポートしてくれるので、対象のドキュメントからは欲しい情報だけを吸収する事ができるでしょう。
効果的なマーケティング分析によってインターネット上の投稿もすぐ解析できるので、口コミ解析ツールは勿論、マーケティング向けのソーシャルデータ解析などにもご活用いただけます。アクセス解析ツール/を使ってみるのもいいかもしれません。

検索エンジン最適化ではロングテールキーワードが鍵を握る?

検索エンジン最適化をしていくには、ある特定のビッグキーワードを使って上位表示する事が目的ですが、検索エンジン最適化をWebプロモーションの一つとして捉えたいなら、順位のみを指標にして効果・測定をアプローチしていくのは正しい方法ではありません。
今後求められる検索エンジン最適化とは、ロングテールキーワードでの流入を増やしていく事です。
※ロングテールキーワード:大きなキーワードではなく、比較的小さくて細かく、検索ボリュームが小さなキーワードを指している。ライバルも少なく、ビッグキーワードよりも目的がピンポイントあてられため、webサイトにおいて目標達成につながる。
○ロングテールキーワードを増やすには
ロングテールキーワードの流入を増やしていくために、「順位」を軸として捉えてしまうとキーワードも多岐に渡ってしまうので、非効率的です。順位にスポットをあててしまうと、
効果や測定において改善すべきポイントがわかりにくくなってしまいます。順位のみを追い求めていても、次のような指標を把握するのは難しくなってしまうでしょう。例えば次のようなものです。
・ユーザーは予約につながっているか?
・シーズンによって流入数に変化はあるか?
・毎月どれくらいの流入があるか?
・ユーザーはちゃんとページをみてくれるか?
上記のような解析を行うためにも、Googleアナリティクスを使うのもおすすめです。
アナリティクス以外のアクセス解析ツール/もオススメです。

オウンドメディアマーケティングとは

みなさん、こんにちは。今日はオウンドメディアマーケティングについてのお話です。
オウンドメディアマーケティングとは今、広告に依存せずに実践するマーケティング手法として注目されています。ペイドメデイア、アーンドメディア、オウンドメディアからなるトリプルマーケティングのうちの一つがオウンドメディアマーケティングです。
それぞれの用語について触れていきます。
○それぞれのメディアの説明
・オウンドメディア…自社でもつメディアそのもの(紙媒体も含む)
・ペイドメディア…企業がお金を払い、広告を掲載できるメディア
・アーンドメディア…ブログやSNSなど、ユーザーからの評判や信用を得るためのメディア
基本的にオウンドメディアはそれだけで使われる事はなく、アーンドメディアやペイドメディアとあわせて使う事でより大きな効果が得られます。オウンドメディアで見込み客が欲しがるようなコンテンツを投稿し続け、アーンドメディアによる拡散を狙い、時によるとペイドメディアから見込み客を瞬発的に集めてくる方法もあります。
そしてこのようなオウンドメディア主体のマーケティング法は、ここ最近日常的にみられるようになってきたのです。
ひょっとすると見ない日はないだろうというくらい、多くの企業が使い始めているマーケティング手法でもあるのです。オウンドメディアマーケティングってなに?

顧客育成プログラムを考えていく

みなさまこんにちは。今回はマーケティグオートメーションについて話していきます。
題名通りですが、マーケティングオートメーションは顧客の育成が目的です。
Emailを送りながらユーザーのスコアを量り、コンバージョンへと結びつけていくものです。
いろいろなところにそのように書かれていました。
それで、疑問に思ったのが顧客育成ってどうするのよ。どれがベストなのか。ということです。基本的にメールを送って、顧客のスコアを測って育成しますと書かれています。それで本当に育成できているのでしょうか?実際に一つの企業が顧客となった数値を値段の費用対効果、コンバージョン率をマーケティングオートメーション導入前後の数値で示してもらいたいですね。それを見してくれたら、非常に有益なツールだと判断できるんですけどね!もしマーケティングオートメーションに詳しい方いたら顧客育成がどのようなプロセスで何を見て判断しているのか教えて欲しいです。今の所顧客育成にピンときていませんので!
マーケティングオートメーション

Google 検索エンジン最適化

Google は2010年に検索エンジンシステムを大幅に変更しました。それに合わせてgoogleのSEOについても心機一転親切なまでのマニュアルを公開し、マーケティング担当はこぞって読み漁ったそうです。それ以前のものと比較すると、Googleの検索エンジン対策を色々試している方やSEOを学びたい方にとって必要な情報が余すところなく掲載してあるのでご興味異様区にある人はご閲覧ください。
ちょっとだけについてのスタートガイドをご紹介します。検索エンジン最適化スターターガイドでは検索エンジン最適化(SEO)をする際に必ず確認する項目について説明があります。例えば、SEOの基礎は適切なページタイトルを付ける。皆さんも良くご存知でしょう。descriptionメタタグを設定する。サイト構造の改善はURLの構造を改善する。ナビゲーションをわかりやすくする。コンテンツの最適化は質の高いコンテンツを提供する。適切なアンカーテキストを書く。これらの基礎的なものから、ちょいムズなクローラーへの対処はrobots.txtを効果的に設定するリンクにnofollow属性を活用する。などなどの豊富な情報を載せています。
SEOチェック機能ってなに?

オウンドメディア構築にあたっての留意点3つ

“minna”

オウンドメディアはユーザー目線に立って構築していくべきものです。オウンドメディアを作成するにあたっては、これまでのサイトやブログが商品視点に偏っていないかという反省のきっかけにもなります。適切なオウンドメディア構築のためにも、次のような留意点を満たしているかどうか確認してみてください。


リンク設定ができているか?
上位表示されるには、関連コンテンツをリンクしている事も不可欠です。
外部リンクなど、動線も貼り付けます。


記事を「商品」として位置付けているか?
オウンドメディアは、単にユーザーの興味に答えるためだけではありません。コンテンツマーケティングとは、単に役立つ情報を提供し続ければいいというわけではなく、ライバルサイトの記事よりも優れている必要があります。


サイトのページ数は100以上あるか?
100ページというのはあくまで目安なので、勿論これ以上のページ数があっても構いません。
要するにこのくらいのボリュームがなければ、上位表示が期待できないのです。アクセスがなければメディアとは言えませんし、アクセス数を増やす事は依然変わらず重要なポイントです。

オウンドメディアマーケティングとは

オウンドメディア戦略で陥りがちな3つの失敗

“marketing”
 

企業のオウンドメディア(自社サイト)をを活用して、自社製品の購入者を増やす。これが非常にはやっています。しかし、これが活用され始めたのはごく最近です。
そのためこれをすればいいという指標に乏しく陥りがちな罠があります。それについて話していきます。


1.コンテンツ不足


コンテンツ作成が追いつけないということです。オウンドメディア活用で一番重要なのは継続的にコンテンツを作ること。案外これが難しいのですが、そのまじメントをしっかりできていないと、うまくいかないでしょう。


2.SNSを活用できていない


Facebookページを作ったけれど、コンテンツを発信しなかったり、製品の紹介など顧客の立場より自分らのことを優先して運営しているページをよく見かけます。SNSはオウンドメディアで一番重要かもしれません。何故ならSNSはシェアという形で人々にポジティブな印象を与えるからです。


3. 過剰なセールス


オウンドメディアに人が増えたけれどそのユーザーに度を超えたセールスメールや連絡を送っていることが多々見られます。単に情報を得ようとしていたユーザーに対して過剰なセールスは禁物です。ソフトタッチでタイミングを考えましょう。


以上3点がオウンドメディア戦略で陥りやすい失敗です。
この3点を失敗するとオウンドメディアはうまく機能しません。注意して行いましょう。


オウンドメディア

検索エンジン最適化って何のこと?

“analytics”

「検索エンジン最適化」という言葉を聞いた事はあるでしょうか。これは簡単に言えばSEOの事です。

SEOって?

SEO=Search Engine Optimization SEOは「検索エンジン最適化」を意味する言葉です。検索結果で、ウェブサイトがより多く露出されるために行う、一連の取り組みの事を言っています。企業が検索エンジン最適化しておくと、より多くのユーザーの目に触れるようになるので、企業や企業の商品、サービスのいいアピールになるのです。

どうして検索エンジン最適化をするの? 検索エンジン最適化を行うのは、企業のページが検索結果でより上位になるよう対策するためです。この対策一つでさらに企業の認知度が高まり、広告収入が得られるのです。SEOといっても技術面、マーケティング、設計面など様々な側面からサイトを改善する事によって、ウェブサイトを検索結果で上位にしていきます。

ユーザーが検索して上位にページを上げられれば、検索エンジン最適化対策だけでなく、上位に表示させるためのテクニックも身についてくるでしょう。このようなテクニックこそが検索エンジン最適化なのです。

本記事はSEOを参照しました。

海外でのインバウンドマーケティングで必要な要素

“minna”
皆様こんにちは。今回は海外でのインバウンドマーケティングで重要な要素を上げていきます。
海外でも日本と同じようにマーケティングやればいのでは?と思う人もいるかもしれませんがもしよかったら見ていってください!
1. 言語能力
インバウンドマーケティングでまず初めにすることは、キーワード選定です。そのキーワードを選ぶにもボキャブラリーなど言語能力が必須です。また、選んだキーワードから文章を構成することからも言語能力が第一に重要です。
2. 検索エンジンの知識
これが一番重要かもしれません。例えば、日本ではGoogleやYahooを利用しますが、韓国ではNaver、中国ではBaiduなど国によって利用する検索エンジンが異なります。そうなると、検索エンジンで上位になるためのシステムも多少変わってくるのです。それを理解の上でマーケティングをする必要があります。
3. マーケティングツール
海外でのインバウンドマーケティングではツールが必須です。それは、今まで日本で行ってきた施策や取得データの傾向が違ってくるため海外のデータに対応し経験を持っているデータを参考にすべきです。
以上3点が海外でのインバウンドマーケティングに必要な項目です。
まずは、この3点が必要な要素となります。本記事はマーケティングツールを参照しました。