オウンドメディアがあれば資産化できるってどういうこと?

オウンドメディアは資産化できるところがメリットの一つです。
○オウンドメディアは費用対効果が高い
従来のマーケティング法では、継続的に効果を出すにはお金を払い続けなければいけませんでした。
しかしオウンドメディアを作って良質なコンテンツを配信する事は、コストがほとんどかかりません。
さらに一度制作してしまえば「資産」として蓄積されていくので、費用対効果が大きくなります。
制作する手間はかかりますが、一度作ってしまえば資産運用のようにできるので、とてもおすすめです。
広告などの一過性な施策とは異なり、中長期的に検索エンジンやソーシャルメディア上からの集客効果を発揮してくれるのです。
○良質な中身は高く評価される?
特にSEO対策では、良質なコンテンツが蓄積されていく事でグーグルから高い評価が受けられ、さらに効果は高まります。
コンテンツを更新していってボリュームが増えてくれば、サイト全体が「ブランディング」され、そのブランドイメージが消費者にとって他社との差別化につながり、企業のビジネスチャンスが広がっていくのです。
このように考えると、オウンドメディアはビジネスにおいてかなり貢献してくれる広告手段です。オウンドメディア

マーケティングツールの効果的な選び方~目的を明確にしてから選ぶ

最近使う企業が増えてきている「マーケティングツール」。
日本でも今後ますます増えていくでしょう。しかしマーケティングツールは200以上もあって多様です。それだけたくさんのマーケティングツールがあったらどれを選んだらいいのかわからないという方も多いのでは?
マーケティングツールに関する問い合わせも増え続けてきています。マーケティングツールを選ぶ前には前提があります。
○マーケティングツールを使う事が目的ではない
マーケティングツールを使う時は目的をはっきりさせる事が重要です。ツールを
使う事が目的ではありません。
最も重視すべきなのは、「何を」目的としてツールを探すかハッキリさせる事です。
うちもマーケティングツールを使いたい!と考える企業も多いですが、マーケティングツールを使う事が第一の目的となってしまい、本来の目的が漠然となっているケースがあります。
マーケティングツールを使う事が目的ではなく、具体的にどのような目的を達成したいのかというのがポイントです。
○マーケティングツールを使う目的の例
例えば「ソーシャルでユーザーの声をチェックして自社の風評被害を留めたい」のか、
「ツイッターやフェースブックで顧客と接触をとりたいのか」など、具体的な目的があるのとないのとでは選ぶマーケティングツールも違ってくるはずです。
○明確な目的に基づいたマーケティングツールを選ぶ
目的に基づいたマーケティングツールを選べば適切なものを選べますし、分析ももっとやりやすくなるでしょう。マーケティングツールってどんなもの?