SEO対策を始める前に知っておくべきこと

SEO対策は、現在ではとてもポピュラーになっています。SEOの効果は時が経過するにつれて、さらに伸びていきます。
といっても一定に伸びていくわけではなく、二次関数のグラフのように、時間の経過と共に効果が増大になっていきます。
○短期的に順位が上がっても安心できない
SEO対策して、短期的に検索結果の上位を上げることは簡単ですが、その後すぐに検索エンジンの10位以下に落ちてしまうケースはよくある事です。そのため、SEO対策をして短期間で順位が上がったとしてもそれで安住してはいられません。
SEOの本来の目的は、上位結果を上にしていく事ではなく、コンバージョンと売上をマックスにする事です。
この目的を達成するには、長期的な目線に立って地道にコツコツ取り組んでいく必要があります。この部分を勘違いしてしまうと、いずれはサイトの売り上げやコンバージョンは
急降下してしまう事になります。
○長期目線で対策していくことが大切
その一方で、長期的にコツコツSEO対策をしていると、時がたつごとに成果は大きくなり、気付いた頃にはライバルが追い越せない程有力なサイトになっているでしょう。コツコツSEOするにはキーワードツールで顧客ニーズを調査します。!

SEOとは?

みなさん、こんにちは。今回はSEOとは何かということについて話していきたいと思います。
まず、SEOとは“Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」という意味があります。では、この「検索エンジン最適化」とはいったい何でしょうか?検索エンジンには代表的なものとしてGoogleやYahoo!などが挙げられますが、ユーザーが検索したときに上位表示されるために行なう一連の取り組みについてを最適化と呼んでいます。
ホームページやブログ等、自社のサイトを所有する企業や商店は、この検索エンジンの上位表示を常に考えなければアクセス数の増加につながらず、結果として商売にも結びつきません。ユーザーは下位表示されているサイトはほとんど閲覧しないといった特徴があるからです。
そこで、対策としてはネット上の広告費を増やすことがまず重要なのですが、それは一部の企業のみが行えることです。このSEOの場合は直接的な費用がかかることはないので、大小問わず多くのアクセスを集めることを目的としたサイトでは必須の取り組みと言えるのです。
SEOがわかったら実際の施策ですね!

マーケティングにおける分析ってどういうこと?

“マーケティングでは「分析」も非常に重要なウェイトを占めます。
そもそもマーケティングというのは、簡単に言ってしまえば、もっと売れるような仕組み作りをする事です。
○マーケティングやり方は変わりやすい?
マーケティングの手法やトレンドは、その時代ごとに変化していきます。それは顧客のニーズは変わりやすく、デジタルメディア上での顧客コンタクト・チャネルの増加など、マーケティング領域がさらに拡大し、複雑になってきているからです。
○お得なキャンペーンを出すよりもまず「分析」を
現代の競争の激しい市場においては、企業は効率性と投資対効果を高めていく事が求められます。
漠然なキャンペーンでは、このような課題を解決する事は正直難しいです。それよりも、顧客一人ひとりにあったニーズや好みを探っていく必要があります。これがマーケティングにおける「分析」になります。
○マーケティング分析の例
例えばデータ分析をもとにしたマーケティングがあります。
これは顧客のニーズを理解するために、自社が持っている顧客情報をデータ化し、蓄積し、分析していく事です。”