オウンドメディア構築にあたっての留意点3つ

“minna”

オウンドメディアはユーザー目線に立って構築していくべきものです。オウンドメディアを作成するにあたっては、これまでのサイトやブログが商品視点に偏っていないかという反省のきっかけにもなります。適切なオウンドメディア構築のためにも、次のような留意点を満たしているかどうか確認してみてください。


リンク設定ができているか?
上位表示されるには、関連コンテンツをリンクしている事も不可欠です。
外部リンクなど、動線も貼り付けます。


記事を「商品」として位置付けているか?
オウンドメディアは、単にユーザーの興味に答えるためだけではありません。コンテンツマーケティングとは、単に役立つ情報を提供し続ければいいというわけではなく、ライバルサイトの記事よりも優れている必要があります。


サイトのページ数は100以上あるか?
100ページというのはあくまで目安なので、勿論これ以上のページ数があっても構いません。
要するにこのくらいのボリュームがなければ、上位表示が期待できないのです。アクセスがなければメディアとは言えませんし、アクセス数を増やす事は依然変わらず重要なポイントです。

オウンドメディアマーケティングとは

オウンドメディア戦略で陥りがちな3つの失敗

“marketing”
 

企業のオウンドメディア(自社サイト)をを活用して、自社製品の購入者を増やす。これが非常にはやっています。しかし、これが活用され始めたのはごく最近です。
そのためこれをすればいいという指標に乏しく陥りがちな罠があります。それについて話していきます。


1.コンテンツ不足


コンテンツ作成が追いつけないということです。オウンドメディア活用で一番重要なのは継続的にコンテンツを作ること。案外これが難しいのですが、そのまじメントをしっかりできていないと、うまくいかないでしょう。


2.SNSを活用できていない


Facebookページを作ったけれど、コンテンツを発信しなかったり、製品の紹介など顧客の立場より自分らのことを優先して運営しているページをよく見かけます。SNSはオウンドメディアで一番重要かもしれません。何故ならSNSはシェアという形で人々にポジティブな印象を与えるからです。


3. 過剰なセールス


オウンドメディアに人が増えたけれどそのユーザーに度を超えたセールスメールや連絡を送っていることが多々見られます。単に情報を得ようとしていたユーザーに対して過剰なセールスは禁物です。ソフトタッチでタイミングを考えましょう。


以上3点がオウンドメディア戦略で陥りやすい失敗です。
この3点を失敗するとオウンドメディアはうまく機能しません。注意して行いましょう。


オウンドメディア

検索エンジン最適化って何のこと?

“analytics”

「検索エンジン最適化」という言葉を聞いた事はあるでしょうか。これは簡単に言えばSEOの事です。

SEOって?

SEO=Search Engine Optimization SEOは「検索エンジン最適化」を意味する言葉です。検索結果で、ウェブサイトがより多く露出されるために行う、一連の取り組みの事を言っています。企業が検索エンジン最適化しておくと、より多くのユーザーの目に触れるようになるので、企業や企業の商品、サービスのいいアピールになるのです。

どうして検索エンジン最適化をするの? 検索エンジン最適化を行うのは、企業のページが検索結果でより上位になるよう対策するためです。この対策一つでさらに企業の認知度が高まり、広告収入が得られるのです。SEOといっても技術面、マーケティング、設計面など様々な側面からサイトを改善する事によって、ウェブサイトを検索結果で上位にしていきます。

ユーザーが検索して上位にページを上げられれば、検索エンジン最適化対策だけでなく、上位に表示させるためのテクニックも身についてくるでしょう。このようなテクニックこそが検索エンジン最適化なのです。

本記事はSEOを参照しました。

海外でのインバウンドマーケティングで必要な要素

“minna”
皆様こんにちは。今回は海外でのインバウンドマーケティングで重要な要素を上げていきます。
海外でも日本と同じようにマーケティングやればいのでは?と思う人もいるかもしれませんがもしよかったら見ていってください!
1. 言語能力
インバウンドマーケティングでまず初めにすることは、キーワード選定です。そのキーワードを選ぶにもボキャブラリーなど言語能力が必須です。また、選んだキーワードから文章を構成することからも言語能力が第一に重要です。
2. 検索エンジンの知識
これが一番重要かもしれません。例えば、日本ではGoogleやYahooを利用しますが、韓国ではNaver、中国ではBaiduなど国によって利用する検索エンジンが異なります。そうなると、検索エンジンで上位になるためのシステムも多少変わってくるのです。それを理解の上でマーケティングをする必要があります。
3. マーケティングツール
海外でのインバウンドマーケティングではツールが必須です。それは、今まで日本で行ってきた施策や取得データの傾向が違ってくるため海外のデータに対応し経験を持っているデータを参考にすべきです。
以上3点が海外でのインバウンドマーケティングに必要な項目です。
まずは、この3点が必要な要素となります。本記事はマーケティングツールを参照しました。