アウトバウンドVSインバウンド

“minna”


アウトバウンド:低ROIの可能性


インバウンド:高コスト効率


アウトバウンド:ターゲットされた一般大衆


インバウンド:製品とサービスの購入に実際に興味を持つこれらの誘導


アウトバウンド:顧客セールスメッセージを転送


インバウンド:共有するだけの価値があり有用なコンテンツを提供


アウトバウンド:オーディエンスを見つけ一方的なマーケティングメッセージのプッシュ


インバウンド:オーディエンスが必要な時に情報を探して購入できるようにする


インバウンドマーケティングを実行する方法


ブログ(Blogging)


潜在的な顧客との相互作用することができる企業を支援
双方向参加方式のヒューマニズムの顧客サポートを提供可能
ウェブサイトや検索エンジン最適化


キーワード決定


より高い検索ランキングのためのサイトの変更
ソーシャルメディア


フォロワーに直接最新のニュースやアップデート配信
現在の顧客との関与度を継続的に維持することができサポート


Eメールマーケティング


電子メールやニュースレターでランディングページへのトラフィック誘導


マーケティング分析

より多くの人がクリックするメールマーケティングの4つの方法

“mrt”


明確なフレーズを使います。


購読者に期待する行動を具体的にボタンに指定します。 「続きを読む」、「見る」、「ショートカット」などの一般的な行動ではなく、「参加する」、「後援する」のように直接的な行動を明示します。


大きくなります。


ボタンをクリックしやすいように十分な大きさにします。ボタンがサイズが小さい場合、特にモバイル環境でボタンを選択するのが非常に難しくなります。モバイル環境では、通常、タッチインターフェースであるため、最小46px * 46px以上のボタンを使用します。 46px * 46pxは、一般的に指でタッチしたことがある最小サイズです。


よく見える場所に配置します。


購読者は、ニュースレターを上から下に読み上げます。したがってニュースレターの上部にボタンを配置します。最も重要なメッセージで構成されたヘッドライン段落の下のボタンを配置すると、最初の段落を読んですぐにボタンをクリックするように誘導することができます。


ボタンの数を最小限に抑えます。


ボタンが多くなると、加入者の立場では当然のクリックが分散されるしかありません。ニュースレターの目的が明確であれば、その目的に合ったもののボタンだけを残し、他のボタンは削除します。


ニュースレターを習慣的に扱ってみると、本来の目的を忘れてしまいます。もう一度ニュースレターの目的は何なのか思い出してみてください。そして、その目的に合わせてボタンを利用してみてください。小さな要素の変化にも成果が異なる場合があります。

オウンドメディア

検索順位を確認するためのツール

複数のツールのうち、最初に紹介したいのは、ランクチェッカーレース(www.rankcheckerace.com/new_url)と呼ばれるWebサービスツールです。


1.ランクチェッカーレース


「URL」と書かれたところにランキングをチェックしたいhttp://で始まるURLを入れて、「Search Terms」欄にキーワードを入れてくれれば良いです。確認をするキーワードは、複数の設定が可能だ、1行に1のキーワードを入れるとされている。特にこのツールが重要なのは、いくつかの国の状況を確認することができるという点です。全世界グーグル、ヤフー、Bing(MS)など、ほぼすべてをカバーしています。


加えて、PCやMacのインストールして使用するキュートランク(CuteRank、h​​ttp://cuterank.net)というツールがあります。このツールは無料でURLを確認することができ、制限のない有料版は59.95ドルを支払わなければならない。キュートランクもほぼ全世界のGoogleとYahooをカバーし、キーワードも複数でチェックすることができますので、非常に有用です。


2. SEOBOOKのランクチェッカー(Rankchecker、http://tools.seobook.com/firefox/rank-checker)がある。


ランクチェッカーも様々な言語の検索エンジンの両方に対応する。スケジュールを設定する機能やキーワードの確認が可能なため、好評らしいです。
さきほど紹介したランクチェックツールのほか、多くのツールが存在しています。特に非英語圏の国では、それぞれの国で、特​​に高い評価を受けるツールがあります。言語別に特化したツールを確認してみるのもいい。


3.リスニングマインド(http://www.listeningmind.com)


日本語、英語、特異的に韓国語を対応する。日本のグーグルとヤフー、そして韓国のネイバーを対応するツールです。


本記事はマーケティングを参照しました。

マーケティングとトリプルメディアの理解

マーケティングに吹き込んだ新しい変化の様子を簡単に整理できる概念がまさに「トリプルメディア」です。 「ペイドメディア」(paid media)、「オウンドメディア」(owned media)、「アーンドメディア」(earned media)の3つがそれです。


まず、ペイドメディアは費用を投じて既存の「広告」を意味します。マスメディア広告、屋外広告、インターネットのバナー広告、検索広告などがこれに該当します。広告を通じて人々の注目を集めて自社のホームページに誘導したり、良い評判を得ることが目的です。すぐに大規模で実施することができ、制御が可能であるという長所はありますが、反応率が低く、顧客の信頼度も低いという欠点もあります。

オウンドメディアは、企業が直接保有しているメディアです。企業のホームページやブログ、Twitterのアカウント、メールマガジン、店舗、カタログなどがあります。運営目的は、顧客との長期的な関係を構築するのです。コスト効率が良くコントロールも可能であることが長所であるが、顧客に与える信頼性が低く、製作に時間がかかるという欠点があります。


アーンドメディアは「earned」という言葉からもわかるように、顧客の信頼と評判を得るメディアという意味です。消費者のブログや掲示板のコメント、口コミ、メディアの記事などがこれに該当します。消費者など第3者によって製品の良い評判を拡散させることが目的でしょう。信頼性が非常に高く、販売に直接影響を与えることができるという利点があるが、コントロールが難しく評判がネガティブ的な方向に流れる可能性もあるということが欠点です。

ペイドメディア(広告)を介して人々をオウンドメディア(会社)に誘導して、顧客にし、彼らをオウンドメディア(ソーシャルメディア)のファンにするマーケティング構造です。過去に比べてTVや新聞の影響力が大幅に減少してソーシャルメディアなどの新しいメディアの影響力が大きくなる状況で、「トリプルメディア」は、新しいマーケティング環境を容易に理解できるようにする便利な概念です。


リスニングマインド