マーケティングツールでできること

マーケティングツールを使うと、アクション別や流入経路ごとにコンテンツを出し分けできるランディングページや、ビジネスブログなどのへの流入経路を解析する事が可能です。
これによって、見込み客となった人へより良い対応がとれるようになるのです。
○マーケティングツールを使って分析する事でわかること
マーケティングツールを使ってアクセス解析する事ができます。
アクセス解析を詳細に行う事によって、彼らが競合の商品と比較するためにも、とりあえず情報を登録しただけなのか、自社のどの商品に強い興味を持っているのか、すでにこちらの商品の購入にまで視野を広げているのかある程度推測できるようになるでしょう。
このような情報が、事前にある程度わかっているのとわからないのとではかなり違ってきます。
そのリードに応じた適切なアプローチをとる事ができるようになるでしょう。
リード一人ひとりの問題に対して適切な解決策を提示しつつ、それに見合った商品やサービスの提供もできるでしょう。
○作業が自動化できるようになる
マーケティングツールを導入する事によって、これまでのマーケティング業務を厳密にシステム化、可能な部分はほとんどソフトウェア上の処理として自動化できるようになりました。
これによって他の重要な仕事に労力を振り分けられるようになり、人的なエラーやミスも減り、正しいマーケティング情報を抽出する事も可能になりました。
短期間では正確なデータ分析ができるようになるので、マーケティングの頻度やパフォーマンスも向上していきます。
前もって設定しておいたプログラムによって、獲得したリードがどのような経路で自社のサービスを購入したかに従って、それぞれ異なるメールを送るといった処理も、自動で実行できるようになったのです。本記事はマーケティングツールを参照しました。

SEOのメリットと効果について

最近よく聞くSEOですが、その具体的なメリットや効果についてご紹介していきます。
○ユーザーを絞り込んで集客できる
ユーザーが物やサービスを買う、申し込むなどアクションを起こすまでには、まずはそれを認知して事前にリサーチした上で申し込みするといった過程が発生します。
この過程の中で、ある程度購入や申し込みを決めたユーザーが、どのようなものやサービスなのかリサーチしていき、検討するために検索エンジンを使う事がまず考えられます。
検索エンジンを使ってアクセスしたユーザーは、物やサービスに対して関心があり、積極的にサイトにアクセスしてくれる可能性が高い見込み客という事です。
そしてアクセスしてきた時点で、意思決定の高いユーザーであると考えられ、顧客獲得に結び付くと予想できます。
このユーザーを特定したら、狙いを定めてSEOによって集客すれば、実際に買う、利用する、申し込むなどのアクションにつなげる事ができます。
○ネットユーザーが増え続ければSEOの需要も高まる
多くの人が現代では、情報収集にインターネットを役立てています。
日々ネットは多くのユーザーに使われており、その際には多くの人が検索エンジンを使用しています。
最近はスマホやタブレットの機能も充実しているので、今後もますますネットユーザーは増え続けると予想できます。
だからこそSEOによってwebサイトを上位表示させ、アクセスを獲得する事によって、インターネット上でWebプロモーションを効率よく展開できるというわけです。SEOチェックとは?

オウンドメディアがあれば資産化できるってどういうこと?

オウンドメディアは資産化できるところがメリットの一つです。
○オウンドメディアは費用対効果が高い
従来のマーケティング法では、継続的に効果を出すにはお金を払い続けなければいけませんでした。
しかしオウンドメディアを作って良質なコンテンツを配信する事は、コストがほとんどかかりません。
さらに一度制作してしまえば「資産」として蓄積されていくので、費用対効果が大きくなります。
制作する手間はかかりますが、一度作ってしまえば資産運用のようにできるので、とてもおすすめです。
広告などの一過性な施策とは異なり、中長期的に検索エンジンやソーシャルメディア上からの集客効果を発揮してくれるのです。
○良質な中身は高く評価される?
特にSEO対策では、良質なコンテンツが蓄積されていく事でグーグルから高い評価が受けられ、さらに効果は高まります。
コンテンツを更新していってボリュームが増えてくれば、サイト全体が「ブランディング」され、そのブランドイメージが消費者にとって他社との差別化につながり、企業のビジネスチャンスが広がっていくのです。
このように考えると、オウンドメディアはビジネスにおいてかなり貢献してくれる広告手段です。オウンドメディア

マーケティングツールの効果的な選び方~目的を明確にしてから選ぶ

最近使う企業が増えてきている「マーケティングツール」。
日本でも今後ますます増えていくでしょう。しかしマーケティングツールは200以上もあって多様です。それだけたくさんのマーケティングツールがあったらどれを選んだらいいのかわからないという方も多いのでは?
マーケティングツールに関する問い合わせも増え続けてきています。マーケティングツールを選ぶ前には前提があります。
○マーケティングツールを使う事が目的ではない
マーケティングツールを使う時は目的をはっきりさせる事が重要です。ツールを
使う事が目的ではありません。
最も重視すべきなのは、「何を」目的としてツールを探すかハッキリさせる事です。
うちもマーケティングツールを使いたい!と考える企業も多いですが、マーケティングツールを使う事が第一の目的となってしまい、本来の目的が漠然となっているケースがあります。
マーケティングツールを使う事が目的ではなく、具体的にどのような目的を達成したいのかというのがポイントです。
○マーケティングツールを使う目的の例
例えば「ソーシャルでユーザーの声をチェックして自社の風評被害を留めたい」のか、
「ツイッターやフェースブックで顧客と接触をとりたいのか」など、具体的な目的があるのとないのとでは選ぶマーケティングツールも違ってくるはずです。
○明確な目的に基づいたマーケティングツールを選ぶ
目的に基づいたマーケティングツールを選べば適切なものを選べますし、分析ももっとやりやすくなるでしょう。マーケティングツールってどんなもの?

SEO対策を始める前に知っておくべきこと

SEO対策は、現在ではとてもポピュラーになっています。SEOの効果は時が経過するにつれて、さらに伸びていきます。
といっても一定に伸びていくわけではなく、二次関数のグラフのように、時間の経過と共に効果が増大になっていきます。
○短期的に順位が上がっても安心できない
SEO対策して、短期的に検索結果の上位を上げることは簡単ですが、その後すぐに検索エンジンの10位以下に落ちてしまうケースはよくある事です。そのため、SEO対策をして短期間で順位が上がったとしてもそれで安住してはいられません。
SEOの本来の目的は、上位結果を上にしていく事ではなく、コンバージョンと売上をマックスにする事です。
この目的を達成するには、長期的な目線に立って地道にコツコツ取り組んでいく必要があります。この部分を勘違いしてしまうと、いずれはサイトの売り上げやコンバージョンは
急降下してしまう事になります。
○長期目線で対策していくことが大切
その一方で、長期的にコツコツSEO対策をしていると、時がたつごとに成果は大きくなり、気付いた頃にはライバルが追い越せない程有力なサイトになっているでしょう。コツコツSEOするにはキーワードツールで顧客ニーズを調査します。!

SEOとは?

みなさん、こんにちは。今回はSEOとは何かということについて話していきたいと思います。
まず、SEOとは“Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」という意味があります。では、この「検索エンジン最適化」とはいったい何でしょうか?検索エンジンには代表的なものとしてGoogleやYahoo!などが挙げられますが、ユーザーが検索したときに上位表示されるために行なう一連の取り組みについてを最適化と呼んでいます。
ホームページやブログ等、自社のサイトを所有する企業や商店は、この検索エンジンの上位表示を常に考えなければアクセス数の増加につながらず、結果として商売にも結びつきません。ユーザーは下位表示されているサイトはほとんど閲覧しないといった特徴があるからです。
そこで、対策としてはネット上の広告費を増やすことがまず重要なのですが、それは一部の企業のみが行えることです。このSEOの場合は直接的な費用がかかることはないので、大小問わず多くのアクセスを集めることを目的としたサイトでは必須の取り組みと言えるのです。
SEOがわかったら実際の施策ですね!

マーケティングにおける分析ってどういうこと?

“マーケティングでは「分析」も非常に重要なウェイトを占めます。
そもそもマーケティングというのは、簡単に言ってしまえば、もっと売れるような仕組み作りをする事です。
○マーケティングやり方は変わりやすい?
マーケティングの手法やトレンドは、その時代ごとに変化していきます。それは顧客のニーズは変わりやすく、デジタルメディア上での顧客コンタクト・チャネルの増加など、マーケティング領域がさらに拡大し、複雑になってきているからです。
○お得なキャンペーンを出すよりもまず「分析」を
現代の競争の激しい市場においては、企業は効率性と投資対効果を高めていく事が求められます。
漠然なキャンペーンでは、このような課題を解決する事は正直難しいです。それよりも、顧客一人ひとりにあったニーズや好みを探っていく必要があります。これがマーケティングにおける「分析」になります。
○マーケティング分析の例
例えばデータ分析をもとにしたマーケティングがあります。
これは顧客のニーズを理解するために、自社が持っている顧客情報をデータ化し、蓄積し、分析していく事です。”

検索エンジン最適化ではキーワード選定が大事?

検索エンジン最適化を始める上で何が大事かというと「キーワード」の選定が大切です。どのようなキーワードを選ぶのかによっても、検索エンジン最適化が成功するかどうか決まってきます。といっても、検索エンジン最適化に適したキーワード選びについてよくわからないという人も多いはずです。今回は、検索エンジン最適化に効果的なキーワード選びの方法についてご紹介していきます。
○3つの観点から選ぶキーワード
何もないところからキーワードを決める時は迷ってしまいますよね。しかし以下の3つの視点からキーワードを選定すると効果的です。
・目的
・ターゲット
・強み、特徴
上記の視点を意識してホームページ作成をしていきましょう。
ホームページとユーザーは、キーワードでつながるといっても過言ではありません。指定したターゲット層がどのようなキーワードで検索し、ホームページにアクセスしてくれるか想像しながらキーワードを特定していく事が求められます。キーワード選定についてはこちら

SEOチェキサイトでマーケティング分析する

webマーケティングの担当者であれば、日々の業務に忙殺される事も多いでしょう。忙しいと自社の施策の実施とその結果にばかり注目してしまいがちですが、変化の激しいwebマーケティングで結果を出すには、時々立ち止まり、市場やライバルの状況を捉えなければなりません。そのためにも定期的に自社のweb戦略を見直していく事が必要です。
ツールの中には、市場やライバルの状況確認のために役立つものが多いです。そこで活用し、webマーケティングの戦略見直しに役立ててみるといいでしょう。
○SEOチェキサイト
SEOチェキもマーケティング分析に役立つものです。ライバルのSEOに必要なページ情報や検索順位など、一瞬で把握し、分析に役立てる事ができます。SEO対策を実施する時に役立つのは当然ですが、ページのmeta情報にどのような言葉を入れているのか、どんなページから被リンクされているのか比較する事で、自社では検討していなかった施策が思いつきます。その他にも、ライバルのSEO対策の状況が把握できるマーケティング分析用のツールでもあります。無料で使える競合分析ツール/です。

検索エンジン最適化はタイトルで決まる?そのポイント6撰

皆さんこんにちは。今日は最近よく聞くようになった「検索エンジン最適化」についてです。検索エンジン最適化で最も重要な事といったら「タイトル」といっても過言ではありません。それだけ検索エンジン最適化ではタイトルが肝心です。
○検索エンジン最適化において大事なタイトル作り、そのポイントとは?
タイトルは漠然とありきたりなものをつけるのでは、検索エンジン最適化にはなりません。タイトルや本文作成の際には、次のポイントを参考にしてみてください。
・本文は簡潔に
・キーワードはタイトルの冒頭に配置する
・キーワードを入れる
・タイトルの重複は避ける
・タイトルに使ったフレーズを本文に入れると尚いい
・本文ではキーワードの連続使用は避ける
例えばグーグル検索をする場合、タイトルにキーワードが含まれていないと、そのワードで上位に上がる事はほぼありません。絶対ないとは言い切れませんが、極めて難しいでしょう。
需要の多いキーワードや、タイトルに記載されている内容がポイントになります。上記のポイントを踏まえてタイトルを作ろうとすると、含めるキーワードは限定されるでしょう。
(参考サイト:http://www.heyaweb.jp/seminar/chapter1/knowledge5.html)
キーワード選定で選びぬくものってどんなの?